ポルノ中毒をやめる方法まとめ

最大のクリスマスオファー!!!プロモーションコード「XMAS」を使用して 5% Off 年間購読について

ポルノ中毒をご存知ですか?ポルノ中毒(ポルノグラフィー依存症)とは、AV(アダルトビデオ)の閲覧などポルノグラフィマテリアルの使用をやめらないという依存症の事をいいます。現在、自覚がないだけで多くの人々がポルノ中毒の可能性があります。

世界的に人気の高いアダルト動画サイトである「Porn hab」は、年間で140億回を超える再生回数があります。アダルトサイトは、多くあるので年間アダルト動画がどれほど再生されているかは全く想像ができません。この情報だけでどれほどの人がポルノ中毒になっている可能性があるかが分かります。

ポルノ中毒(ポルノグラフィー依存症)は、男性だけだと思われがちですが女性もお大いになる可能性があります。男性より女性の方が3倍性欲が強いと言われています。もしかしたら、男性より女性の方がポルノ中毒(ポルノグラフィー依存症)の患者はお多いかもしれません。

ポルノ中毒(ポルノグラフィー依存症)を辞めようと思っても、簡単にやめられるほど優しい中毒ではありません。今回、ポルノ中毒(ポルノグラフィー依存症)の基本的な情報とポルノ中毒(ポルノグラフィー依存症)を永遠にやめる方法をいくつかまとめてみました。皆様のお役に立てれば幸いです。

ポルノ中毒(ポルノグラフィー依存症)について

ポルノ中毒(ポルノグラフィー依存症)とは、簡単に言うとアダルト動画や性的喜びを感じられるコンテンツの閲覧やマスタベーションを自分の理性でやめる事ができないことを言います。

ポルノ中毒(ポルノグラフィー依存症)に定まった基準がまだありません。様々な中毒や精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)と言われているマニュアルにも基準が掲載されていません。ですが、実際にポルノ中毒(ポルノグラフィー依存症)は存在します。

その為、ポルノ中毒(ポルノグラフィー依存症)の判断が難しいです。ポルノ中毒(ポルノグラフィー依存症)は、生活や人に様々な悪影響が出る中毒なので今後しっかりと基準ができると思います。

ポルノ中毒(ポルノグラフィー依存症)になると無気力になったり、うつ病になったりします。これだけではなく多くの症状が出ます。早い段階でポルノ中毒(ポルノグラフィー依存症)を治療しないと治すのはどんどん難しくなります。

影響が自分だけで終わればいいんですが、ポルノ中毒(ポルノグラフィー依存症)は周りの人間関係にも影響が出ます。

そうなる前に治療をしましょう。

大学生がポルノをやめるのを助けるための6つのステップガイド

ポルノ中毒(ポルノグラフィー依存症)の見極め方

ポルノ中毒(ポルノグラフィー依存症)は、定められた基準がありません。

その為、ポルノ中毒(ポルノグラフィー依存症)の断定が難しいですが以下に記載するものに当てはまる人は、ポルノ中毒(ポルノグラフィー依存症)の可能性があります。

ポルノグラフィの使用が増えている

ポルノ中毒(ポルノグラフィー依存症)になったか一番分かりやすいのがアダルト動画の視聴や性的喜びを感じれるコンテンツの視聴が増加しているかでしょう。

依存症の方でひどい場合だと一日中みているという人もいます。

無気力感が続いてる

ポルノ中毒(ポルノグラフィー依存症)の症状で無気力感がずっと続くという症状があります。以前より無気力感が多くなってきたらポルノ中毒(ポルノグラフィー依存症)の可能性があります。 

やる気が芽生えないや普段の生活がダラダラしてきたら注意が必要です。また、他人に覇気がないと言われることが多くなったら要注意です! 

集中力の低下してきた

ポルノ中毒(ポルノグラフィー依存症)の患者は、集中力が余りません。なので、最近集中力が低下してきた人はポルノ中毒(ポルノグラフィー依存症)になりつつあるかもしれません。通常人間の集中力とは、最大90分続くと言われています。ですが、ポルノ中毒(ポルノグラフィー依存症)の患者は酷い人だと5分も続かない人がいます。 

性的喜びを感じにくくなった

性行為やマスターベーションをしても、満足しなくなってきていませんか?もし満足していないのであればポルノ中毒(ポルノグラフィー依存症)の可能性があります。パートナーに関心がなくなってきた人も注意が必要です。ポルノ中毒(ポルノグラフィー依存症)は、過度なダルト動画や性的喜びを感じられるコンテンツの視聴や使用によって性的感覚が麻痺をすることがあります。今までより刺激を求めるようになっていたら注意するようにしてください。 

孤独感や不安に思う事が増えた

ポルノ中毒(ポルノグラフィー依存症)の患者は、孤独感や不安に思う事が一般的な人より多いです。その為、以前より「孤独感がました」「不安が増えた」と思う事が多くなっているのであれば、ポルノ中毒(ポルノグラフィー依存症)の可能性を疑った方がいいでしょう。

これら以外にも見極めるポイントはありますが、上記の項目に当てはまっているとポルノ中毒(ポルノグラフィー依存症)の可能性がかなり高いです。

初期は軽いものが多いですがこれがポルノ中毒(ポルノグラフィー依存症)になり重症化すると最悪な事がおきます。

そうなる前に対策をしっかりとしましょう。ちゃんと対策をする事でポルノ中毒(ポルノグラフィー依存症)になるのを未然に防ぐこともできます。さらに、ポルノ中毒(ポルノグラフィー依存症)になったとしてもちゃんと対策をすことで治療する事ができます。

ただし、間違った対策をしてしまうと悪化する可能性があるので正しい対策をするようにしましょう。

ポルノ中毒(ポルノグラフィー依存症)の主な症状

症状はかなり明確になります、そしてここにあなたがすぐに知っておくべきものがあります。

正常に脳が働かなくなる

ポルノ中毒(ポルノグラフィー依存症)の一番の症状が正常に脳が働かなくなることです。これにより他の症状が出ます。

脳が正常に働かなくなるのは、どの中毒にも言える事ではあります。中毒になるということは、自分の意識でやめることができないということです。他の中毒同様ポルノ中毒(ポルノグラフィー依存症)もその状況になります。

ポルノ中毒(ポルノグラフィー依存症)になるとマスタベーションや性的喜びを得れるコンテンツの視聴をやめれないので過度の使用になります。過度の使用により、脳が麻痺をしてしまい性的喜びを感じにくい体になってしまいます。

通常、興奮をするとドーパミンが出ます。ですが、脳が麻痺をしてドーパミンを出さなくなったり、出ていたとしても興奮を感じにくくなります。

その為、性的喜びだけでなく他の喜びや興奮を感じなくなります。

無気力感がずっと続く

ポルノ中毒(ポルノグラフィー依存症)になると生活をしていても無気力感がずっとします。皆様も経験があると思いますが、賢者モードと言われる性行為をした後無気力になる感覚が普段の生活でもずっと続くような状態になります。

ポルノ中毒(ポルノグラフィー依存症)の患者は、何事にもやる気が出なくなったり、覇気が無くなったり見えます。

理由は、上記にも記載した脳が麻痺してドーパミンを出さなくなったり、感じにくくなるからです。ドーパミンとは、人間にやる気や活動的になるようにするホルモンです。

その為、ドーパミンを感じないやドーパミンが出ないからずっと無気力になります。

うつ病につながる可能性がある

ポルノ中毒(ポルノグラフィー依存症)は、うつ病につながる可能性がある中毒の一つです。ポルノ中毒(ポルノグラフィー依存症)の症状で社会不安や慢性的な孤独感があります。これらがうつ病につながりかねない症状なのです。

ポルノ中毒(ポルノグラフィー依存症)になると不安や孤独・怒りなどマイナス的な感情を感じやすくなると言われています。

普段の生活で多くのストレスを感じるとうつ病になります。ポルノ中毒(ポルノグラフィー依存症)は、喜びを感じにくくする依存症なので何事にも満足しなくなってしまい慢性的な孤独感にさいなまれます。

ポルノ中毒(ポルノグラフィー依存症)の色々な症状が合わさって、結果うつ病になる人が多くいます。

上記以外にも多くの症状があります。大半の症状は、自分や周りに悪い影響しか与えません。ですが、しっかりと対策をする事で治療する事ができます。

ですが、簡単に治療することはできません。どの依存症も一緒ですが変な対策をすると悪化する可能性がありますので正しい治療法をしましょう。

ポルノ中毒(ポルノグラフィー依存症)の治療方法

ポルノ中毒(ポルノグラフィー依存症)は、ちゃんとした治療方法を施す事で改善する事ができる依存症です。ですが、間違った方法をしてしまうと悪化する可能性がある依存症でもあります。

ポルノ中毒(ポルノグラフィー依存症)の治療方法で重要なのが無理をしない事です。下記にいくつか治療方法をまとめます。ぜひ実践してポルノ中毒(ポルノグラフィー依存症)の改善を逢てみてください。

くれぐれも無理はしないようにしてください。

自分を信じましょう

ポルノ中毒(ポルノグラフィー依存症)の改善するための第一歩は、自分を信じることです。ポルノ中毒(ポルノグラフィー依存症)を改善するのに時間と根気が必要です。

なので、時間がかかっても絶対改善できると信じましょう。物事を始める際、ネガティヴ思考や否定的な考えが芽生えてしまいますが、そのような状態で改善をしても中々うまくいきません。なので、改善できるとポジティブに考えるようにしましょう。

自分を信じてポジティブに考えることにより、ポルノ中毒(ポルノグラフィー依存症)の改善が大幅に進みやすくなります。

計画を立てましょう

ポルノ中毒(ポルノグラフィー依存症)を改善するのには、時間がかかります。そのため、計画を立てて改善をしていかないと途中で断念したりしまいがちです。

無理のない計画を立てましょう。

一刻も早くポルノ中毒(ポルノグラフィー依存症)を直したい気持ちは、分かりますが無理な計画を立てて依存症を悪化させるのは一番最悪の状況です。

なので、ちゃんと無理のない計画を立てましょう。

とある大学の研究で目標をたてしっかりと計画を立て場合は漠然と目標を目指す人より2倍以上も目標の達成を成功しています。これは、ポルノ中毒(ポルノグラフィー依存症)の改善にも同様のことが言えます。

人に相談をしてみる

ポルノ中毒(ポルノグラフィー依存症)の改善とまではいきませんが少し治療の役に立つのが人に相談することです。

ポルノ中毒(ポルノグラフィー依存症)の事を相談するのは、少し恥ずかしいと思いますが人に相談することにより気持ちが少し楽になります。周りに話すのが嫌であればカウンセラーに話すのがおすすめです。

悩みをあまり一人で抱え込みすぎるのは、ポルノ中毒(ポルノグラフィー依存症)関係なく身体に悪いので人に相談してみてください。

ポルノを全て使用できなくする

ポルノ中毒(ポルノグラフィー依存症)の改善で一番重要なのがアダルト動画や性的喜びを感じるコンテンツを全て使用できなくするのが大事です。

依存症の場合やめれなくなっているのでこの治療方法はかなり難しいですが一番効果的です。ただし、急に使用を禁止してしまうと余計みたくなってしまうのが人間です。なので、上記で記載した通り計画を立て無理のないタイミングで禁止するようにすることが効果的です。

自分の意思だけでアダルト動画や性的喜びを感じるコンテンツを全て使用できなくするのは、難しいと思います。

なので他人に頼ったり、そのようなコンテンツを全て見れなくするようなソフトウェアを使用すのがいいかと思います。

ポルノを永遠にやめる方法

ポルノ中毒(ポルノグラフィー依存症)が改善されたとしても、また再発する可能性は大いにあります。

ポルノを永遠にやめる方法として、一番おすすめなのがアダルト動画や性的喜びを感じるコンテンツを全て使用できなくするソフトウェアであるBlockerXというソフトウェアです。

アダルト動画や性的喜びを感じるコンテンツの使用を自力で止めようとしても難しいです。

なのでこのようなソフトウェアを利用することで強制的に使用できなくする方法がポルノを永遠にやめる方法で一番効果的です。

BlockerXとは?

BlockerXとは、あらゆる形式のアダルトWebサイトへのアクセスをブロックする事ができるソフトウェアです。また、GoogleやBingなどの検索エンジンでセーフサーチをしてくれる機能もあります。アダルトブロッキングトグルを有効にする事ですべてのセーフサーチが検索エンジンに適用されるようになります。

セーフサーチが適用されると、検索結果で露骨なアダルトウェブサイト/メディアはブロックされ使用ができなくなります。

3日間の無料トライアルが可能なので、最初は試しに使用するのがおすすめです。

その後、BlockerXを引き続き利用するには、月額サブスクリプションが必要になってきます。

アダルトブロッキングトグルを有効にするとすべてのセーフサーチが検索エンジンに適用されます。 セーフサーチが適用されると、検索結果で露骨なアダルトウェブサイト/メディアはブロックされます。

最大のクリスマスオファー!!!プロモーションコード「XMAS」を使用して 5% Off 年間購読について

関連記事

Subscribe to our newsletter

Don't miss new updates on your email​

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright©2021Atmana Innovations(以前のFunSwitch Technologies)。 全著作権所有。