children-and-technology

子供とテクノロジー–健全な関係を築くための9つの例

今日、テクノロジーなしで生活することを想像できますか?

人生には、なくても生きていけるものと、生きていけないものがあります。テクノロジーは後者のグループに分類されます。 

私たちのスマートフォン、コンピューター、その他すべてのガジェットは、私たちの生活に欠かせないものになっているため、2日も使用せずに行くことは事実上不可能だと感じています。

社会として、私たちはテクノロジーに依存しすぎています。私たちが行うほとんどすべてのことは、何らかの形でテクノロジーに関係しています。 

このテクノロジーへの依存の影響は、社会の成人に影響を与えるだけでなく、若い世代にもさらに大きな影響を及ぼしています。 

子供とテクノロジーは、3歳という若さで一緒になります。彼らは基本的に絶えず進化する技術に囲まれて成長します。 

米国の10代の若者の90%以上が、ソーシャルメディアを使用したり、ビデオを再生したりするために毎日インターネットにアクセスしています。現在、テクノロジーの中で最も中毒性の高い2つの形態はどれですか。 

ピュー・リサーチ・センターの調査はそれを明らかにした主要な米国の十代の若者の約50%は、彼らが自分のスマートフォンにはまって感じることを認め述べています。  

専門家は、これは今後数年間で悪化するだけであり、将来の世代にいくつかの深刻な問題を引き起こす可能性があると予測しています。

今日、子供たちとテクノロジーの関係は健全ですか?

テクノロジーは社会のあらゆる側面に大きな影響を与えてきました。 

それが私たちの生活を非常に便利で、より安全で、そして間違いなくより楽しいものにしたことは否定できません。

毎日、毎分、これを今読んでいても、新しい技術の進歩があります。

テクノロジーは人類の期待や想像をはるかに超えて進歩しました。技術が進歩すればするほど、それが社会全体に与える影響は大きくなります。

電気、自動車、コンピューターの革新から、19世紀から20世紀にかけて世界全体が大きく変化しました。 

今日私たちがしていることはすべて、何らかの形でテクノロジーに関係しています。 

目覚まし時計から、寝る前に夕食を注文するまで、アプリを使って健康的な睡眠スケジュールを維持するまで、私たちはすべてをテクノロジーに依存しています。 

テクノロジーが過去数十年で私たちを大いに助けてくれたことを否定するのは愚かなことです。

しかし、子供とテクノロジーの関係については、確かに賛否両論があります。

テクノロジーとインターネットへの依存は手に負えなくなっています

テクノロジー業界は、社会としての私たちがテクノロジーに夢中になっていることを確認するために、あらゆるカードを正しく使用してきました。このため、私たちが行うすべてのことに変化があります。私たちがどのようにそして何を食べるかから私たちがどのように旅行するかまで。

それは私たちがお互いにどのようにコミュニケーションするかにさえ影響を及ぼしました。

私たち人間は社会的な生き物です。私たちは他の人間と交流する必要があります。それは私たちの性質の一部です。

しかし、テクノロジーは、実際に他の人間と直接対話する必要性に徐々に欠けています。 

たとえば、ソーシャルメディアの作成により、人々は個人的にさえ知らない何千もの他の人間と関わることができました。実生活で出会ったことのない友達のソーシャルサークル全体をオンラインで作成できます。

これは、現実の関係から離れています。あなたもあなたの周りでこれに気付くことができます。特に子供がいる場合。

先進国の親は、50年前よりも、今日、子供たちと過ごす時間が長くなっています。しかし、電話はますますそれらの相互作用に忍び寄り、その深さと品質に影響を与えています。

ピュー研究所が2019年に発表したこの調査によると、アメリカの人口のほぼ半数が1日中常にスマートフォンを使用しています。 

両親のスマートフォン使用の増加により、専門家は、これが乳幼児の発達にもたらす可能性のある壊滅的な結果を懸念しています。

親として、テクノロジーをどのように使用するかによって、子供とテクノロジーの関係のトーンを設定できます。 

新世代は完全にデジタル化された世界で成長しており、私たち自身が紹介されたばかりです。技術的な依存関係をどのように処理するかによって、彼らの将来が形作られます。

幼児とテクノロジーの最も健康的な関係を育むために設定する9つの例

子供たちはすぐに学ぶことができます。彼らはあなたがすることすべてに気づき、途中であなたのすべての習慣を身につけます。

ですから、彼らに何かをフォローさせる最も簡単な方法は、それを自分で練習することです。

あなたは「あなたが説教することを実践する」という原則に出くわしたに違いありません。今、それを実際の生活に適用する時が来ました。

あなたの子供があなたが夕食の席であなたの電話を使っているのを見たり、食事をしながら簡単な電子メールに返信したりすると、すぐにあなたの足跡に次のことがわかり、同じことをします。 

ですから、彼らにテクノロジーとの健全な関係を持たせたいのであれば、それを行う最良の方法は模範を示すことです。これを支援するためのヒントをいくつか示します。

毎日デジタルデトックスの時間を持っている

毎日1時間のスケジュールを設定し、誰もが都合のよいときに毎日デジタルデトックスを利用できるようにします。この間、子供とテクノロジーは最も遠くにあるはずです。

この間、家の中のすべてのガジェットはオフになります。この時間に一緒に時間を過ごすか、誰もが自由に好きなことをすることができます。

常に技術的な気を散らすことなく、1時間でできることすべてに驚かれることでしょう。 

これは、デジタルデトックスの実践を開始し、誰もがそれに慣れるための良い方法です。 

夕食の席にガジェットを置くことはできません

あなたはどれくらいの頻度で誰かと食事をするために座ったことがありますが、あなたの時間の半分以上をあなたの電話に費やすことになりますか?

これは、私たちのほとんどがたまに行うことで罪を犯している一般的な慣習です。 

これに終止符を打つために、夕食の席にガジェットを置くことは許可されないという規則を作ります。

携帯電話、タブレット、またはラップトップをテーブルに運ばない場合、子供たちはすぐに追随します。 

毎月新しいアクティビティ/趣味を選ぶ

米国の10代の若者は、毎日約7時間電話をかけています。 

このスクリーンタイムを短縮する最も簡単な方法は、他のアクティビティに参加するように促すことです。

あなたの子供があなたが活発で様々な活動に参加しているのを見たら、それは彼らにも同じことをするように勧めます。 

あなたはあなたの子供にあなたが楽しむ活動をするように強制するべきであることを覚えておくことは重要です。代わりに、彼らが参加したい彼ら自身の趣味や活動を選択する自由とスペースを彼らに与えてください。 

オープンで健康的なコミュニケーションを実践する

あなたの子供にあなたの話を聞いてもらいたいのなら、あなたは最初にオープンなコミュニケーションを練習する必要があります。

お子さんに利用時間を制限させようとするときは、まずその理由を子供に伝える必要があります。

スマートフォンの使用量を減らすように依頼したり、WiFiをオフにしたりするだけでは機能しません。彼らがインターネットに乗りたいのなら、彼らはいつも道を見つけるでしょう。 

したがって、彼らと適切にコミュニケーションを取り、テクノロジーが彼らの生活に及ぼす悪影響を彼らに認識させることが重要です。テクノロジーの落とし穴について彼らを教育し、彼らがあなたが彼らに求めていることをなぜ彼らがすべきかをよりよく理解するようにします。

あなたがあなたとあなたの子供との間に健全なコミュニケーションチャネルを構築するとき、それはまた彼らが彼らが扱っていることについて将来あなたに開放することをより快適に感じるようになります。 

すべてのアダルトコンテンツへのアクセスをブロックする

ポルノがインターネット全体に広く普及しているため、ポルノ依存症が増加しています。 

今日の子供たちは、7歳のときにインターネット上でアダルトコンテンツに出くわします。これは非常に危険で憂慮すべき事実です。 

ポルノコンテンツは、印象的な若い心に深刻なダメージを与える可能性があります。

この状況全体を回避するために、家のすべてのデバイスですべてのアダルトコンテンツへのアクセスをブロックできます。これにより、子供が偶然にもポルノに出くわし、将来的にポルノに依存する可能性が大幅に減少します。 

ポルノウェブサイトとインターネット上に表示されるすべてのポップアップポルノ広告には、すべてウイルスとマルウェアが侵入しています。ポルノをブロックすることで、あらゆるサイバー犯罪から家族全員を保護します。 

スクリーンタイムを特権にする

家庭での権利よりも、スクリーンタイムを特権にするほうがよいでしょう。 

テクノロジーに24時間年中無休で囲まれている結果、私たちはそれを当然のことと見なし始め、十分に評価していません。

自宅で画面の制限時間を設定し、全員がそれに固執するようにします。特にあなたを。設定したルールに従った場合にのみ、家にいる他のすべての人がルールに従います。 

テクノロジーを使用できる量に制限がある場合、あなたはあなたの人生でその重要性を再び認識し始め、それを当然のことと考えるのをやめます。 

実生活で人々と時間を過ごす

ソーシャルメディアの最大の落とし穴の1つは、社会的移動です。あなたの子供とテクノロジーとの関係は、実生活での関係を犠牲にしてもたらされるべきではありません。

社会的移動とは、オンラインで多くの時間を費やして、「実際の」時間を奪い始めるという問題を指します。

私たちはソーシャルメディアのアプリやサイトに多くの時間を費やしているため、実際の生活で友人や家族と一緒に失っている時間を気づいていません。

 だから、あなたの友人や家族とオフラインで質の高い健康的な時間を過ごすために意識的な努力をしてください。友人や家族と過ごすときに絶対に必要な場合を除いて、携帯電話を手に取らないようにすることを厳しくしてください。

Instagramページに美的なストーリーを投稿するのではなく、その瞬間に存在することに集中してください。 

比較をやめる

これは、ソーシャルメディアの最大の欠点の1つです。それが作り出す有毒な環境は、人の精神状態に深刻な害を及ぼす可能性があります。

ある調査によると、ソーシャルメディアのユーザーは、ソーシャルメディアを使い続けるにつれて、ますます悲しくなることがわかっています。これは、ソーシャルメディアの有毒な競争文化によるものです。 

あなたの子供があなたがあなた自身とあなたの人生をソーシャルメディアで他の人と比較していることに気づいたとき、彼らも同じ足跡をたどります。

オンラインであろうとオフラインであろうと、あなたの人生から比較を排除することを重要視してください。

寝る前にインターネットはありません 

現在の世代は、現在ソーシャルメディアのケースが最も多いです。 

この理由は?眠りにつく瞬間まで、テクノロジーを絶えず使用しています。

私たちは皆、眠りにつく前に、ソーシャルメディアを無意識にスクロールしたり、Youtubeでランダムなビデオを見たりするというこの習慣を身につけてきました。これは非常に有害な習慣です。

目を傷めるだけでなく、睡眠サイクルにも深刻な影響を及ぼします。画面からの光と、ソーシャルメディアの使用によって通常生じる不安や複雑な感情が、あなたがぐっすりと眠ることを妨げています。米国のミレニアル世代の10人に4人は、中毒性のあるソーシャルメディアの使用の結果として睡眠障害を経験していることを認めています。

この問題を取り除くために。寝る前に少なくとも1時間はスマートフォンを片付ける習慣をつけましょう。

就寝前にYouTubeで時間を過ごすことに慣れていて、スマートフォンを置くのが難しい場合は、この問題を解決するのに役立つ完璧なガイドが用意されています。

結論

これは、子供とテクノロジーの健全な関係を確保するために取ることができる最善のアプローチです。 

あなたが説教することを練習するならば、あなたの子供たちは自動的に従うでしょう。 

この全体論的なアプローチは、子供の安全を確保するだけでなく、あなた自身のソーシャルメディアを抑制します。

子供と同じように、大人もソーシャルメディアの有毒な環境に巻き込まれないようにする必要があります。したがって、これは、世帯全体のデジタルウェルビーイングを確保するための最良の方法です。 

ソーシャルメディアは非常に有用で楽しいものであると同時に、非常に否定的で有毒である可能性があります。それはすべて、あなたがそれをどのように使用するかによって異なります。 

ソーシャルメディアと実生活の健全なバランスを確立するために最善を尽くしてください。これはあなたの人生とあなたの家族の両方に大きなプラスの影響を与えるでしょう。 

私たちの厳選されたヒントが、ご家庭でテクノロジーとの健全な関係を確立するという目標の達成に役立つことを願っています。

実装に最も熱心なヒントを教えてください!

他に提案やヒントがある場合は、下のコメントにドロップしてください。私たちはそれらを聞いてみたいです!

What’s your Reaction?
+1
0
+1
0
+1
0
+1
0

Chandraprabhudev K

Charles is a distinguished content strategist at BlockerX, known for his expertise in impact of porn addictionon youth and digital safety. His exceptional skills in storytelling enable him to create content that is both informative and engaging. As a dedicated wordsmith, he is committed to producing thought-provoking and educational material, making complex topics accessible to a broad audience. Charles's contributions are pivotal in shaping the narrative around internet safety and digital well-being.