Semen retention

精液貯留: メリット、リスク、知っておくべきことすべてに関する完全ガイド

精液貯留

精液貯留 — このトレンドの習慣について聞いたことがあるはずです。 しかし、健康トレンドが移り変わる時代において、精液貯留は本物の習慣なのでしょうか、それとも単なるソーシャルメディアの流行なのでしょうか? そして、精液貯留とは正確には何ですか?

そうですね、それは我慢して手放さないということですが、目に見える以上のものがあります。 実際、トレンドを超えて、これは長い歴史があり、肉体的、精神的、精神的な健康に潜在的な利益をもたらす習慣です。

射精を控えることから自制心の習得まで、あらゆる領域を探求する必要があります。

それでは、精液保持の世界に簡単に飛び込んでみましょう。 精液貯留について知っておくべきことをすべて一緒に調べて理解しましょう。

精液貯留とは何ですか?

さて、精液貯留の意味は、性行為中に自発的に射精を回避する行為です。 それは、性行為を完全に控えるか、絶頂に達する直前に止めることによって、精液を抑えるという単純な行為です。

精液貯留

しかし、精液貯留は新しい傾向ではありません。 この習慣は何世紀にもわたって行われてきました。

現在、精液保持の動機に関係なく、精液は、自分自身や自分のセクシュアリティとのより深いつながりを求める多くの人々にとって、依然として興味と探求のテーマとなっています。

精液貯留の起源 紀元前 500 年

精液貯留の起源

8000年前の古代中国に戻りましょう。 その起源は道教よりずっと前(紀元前500年頃)に遡ります。 21世紀においても性的カンフーを維持しようと努力しているのが道教の達人たちだ。

実際、道教の性行為や教義は今日でも存在しており、西洋ではしばしば「タントラ」と呼ばれています。 19 世紀の道教マスター、チャオ ピチェンは次のように信じていました。

生殖器は人の生命力と活力を蓄えます。

彼は、精子を保持することが心の平安と全体的な健康をもたらすと信じていました。 精子を失うと、人の体は混乱と疲労の世界に陥ります。 彼は睾丸に蓄えられる性エネルギーを「中」と呼ばれる単位で呼んでいます。

チャオ先生は、性的エネルギー(精)は 16 歳まで 8 年ごとに増加すると説明しました。

16 歳以降、性エネルギーを使用しなければ、男性は生涯を通じて 8 年ごとに 64 chu を失い始めます。 彼は、健康でバランスの取れた体には 384 の chu があると述べています。

再吸収された精子とは何ですか?

精液貯留について読むと、再吸収された精子という言葉をよく聞くかもしれません。 実際、同じ文脈で使われることもあります。 しかし、それは同じことなのでしょうか?

あまり。

再吸収精子は基本的に、射精されずに体内に再吸収された精子細胞です。 これは常に起こる自然なプロセスです。

何が起こるかというと、精巣は常に精子細胞を生成します。 男性が射精すると、何百万もの精子が精液中に放出されます。 しかし、男性がしばらく射精しないと、放出されなかった精子は最終的に死滅します。 次に、体はこれらの死んだ精子細胞を、それらが保管されている管(精巣上体および精管)の壁を通して再吸収します。

現在、精子の再吸収は正常で健康的なプロセスです。 それは何の害も引き起こさず、男性の生殖能力にも影響を与えません。

精液貯留の背後にある科学

精液保持科学に関して言えば、単に精子を保持することだけではありません。 それは、私たちが一定期間射精を控えることを選択したときに起こる生物学的および心理的プロセスに関するものです。

生物学的に言えば、精液貯留は人体の生物学的、ホルモン的、神経化学的システムに対する影響の組み合わせです。 たとえば、精液貯留に関連する標準的な変化の 1 つは、一定期間 (通常は約 7 日間) 射精を控えた後のテストステロン レベルの上昇です。 さて、このテストステロンの増加は、精神的な明晰さ、モチベーション、活力、そして全体的な幸福の改善につながる可能性があります。

一方、心理的には、精液保持は意志の力と自制心がすべてです。 すぐに満足したいという衝動に抵抗することで、実際に重要なことに集中する能力が強化されます。 実際、気を散らすものや誘惑に満ちた世界において、精液保持を実践することは、精神的な筋肉を鍛え、自己規律と回復力の能力を高めるようなものです。

精液保持力とメリット

精液貯留の利点

人間として、私たちは見返りとして何らかの報酬を得るまで困難に直面することを好みません。 そして本当に大丈夫です。

さて、精液を保持するには、強い意志、規律、決意が必要です。 しかし、この挑戦に取り組むメリットはあるのでしょうか?

そのとおり!

一般的な精液保持力と利点は次のとおりです。

1. 精神的な明晰さの向上

精液貯留は精神の明晰性を高めるという顕著な利点をもたらします。 射精を控えることで、脳の霧が大幅に軽減され、心がより鮮明に、集中して機能できるようになります。

この新たな明晰さは、戦略的に考え、人生においてより良い決断を下すのに役立ちます。

自制心を養うことで、精神の健康と身体的、感情的健康の向上につながります。

2. 性的衝動の改善

精液保持に関して最も話題になる利点の 1 つは、より激しいオーガズムが得られる可能性があることです。

基本的に、我慢することで、現実のパートナーとのより良い、より高いクライマックスを経験できるようになります。 あなたの性的パフォーマンスと性生活が大幅に向上します。

さらに、精液の保持は、画面上の空想から現実世界のつながりに焦点を移すことで、性欲を促進する可能性もあります。 この考えは、セックス中の身体的感覚を強化することで、プロンのような仮想オプションを通じて満足感を求める傾向が薄れるというものです。 それは、本物の人間の親密さに対する健全で純粋な欲求のためのスペースを作ることです。

3. 身体的な利点

身体的な利点

もう 1 つの一般的な精液保持力と利点は、身体的な改善です。

さらに、精液貯留によって生命エネルギーを節約することにより、多くの場合、体力とスタミナの急増を経験します。

さて、これらの身体的利点の多くは、より高いレベルのテストステロンに関連しています。

さらなる研究が必要ですが、いくつかの既存の研究は精液貯留とテストステロンレベルの増加との関係を強調しています。

このテストステロンの増加は、毛髪の太さ、筋肉の成長の促進、エネルギーレベルの向上、精子の質の向上など、さまざまなプラスの結果をもたらします。

興味深いのは、これらの利点が驚くほど早く現れることです。 たとえば、研究によると、2日未満の禁欲は精子の運動性と濃度の向上に関連していることがわかっています。 これらの研究は、精液貯留の生理学的利点が明白であり、比較的短期間で経験できることを示唆しています。

続きを読む: 7日間射精しなかったらどうなりますか? 特典を確認する

4. 早漏の改善に役立ちます

精液保持の利点に関して言えば、顕著な利点の 1 つは、早漏 (PE) への対処のサポートです。

PEに苦しんでいる男性、特に過度のポルノの使用の影響を受けている男性にとって、エッジングのような精液保持テクニックを取り入れることは、真のゲームチェンジャーとなる可能性があります。

エッジングとは、絶頂の寸前までペニスを刺激し、その後意図的に一時停止したり、締め付けるテクニックを使って射精を遅らせることです。

この実践により、性行為を効果的に延長し、全体的な満足度を高めることができます。 実際、「スタート・ストップ」法または「スクイーズ」法とも呼ばれるエッジングは、オーガズムの持続時間を延長し、より充実した親密な体験につながる一般的な方法です。

5. ポルノ中毒を助ける

ポルノ中毒を助ける

まあ、これは精液保持の最も役立つ利点の 1 つだと思います。

精液貯留は、ポルノ依存症に対処する人々にとって有望な方法となります。

ご存知かもしれませんが、この有害な依存症は悪循環に陥り、自尊心、人間関係、さらには経済的安定にまで影響を与える可能性があります。 多くの中毒者は、ポルノ中毒から抜け出すのに苦労しており、その過程で恥ずかしさや否定に直面しています。

しかし、希望はあります。

ライフスタイルの変更、セラピー、精液貯留などの自然療法は、回復プロセスにおける効果的なツールとなり得ます。

精液貯留を受け入れることで、中毒者は現実の関係において親密さを取り戻すことができます。 精液の貯留は、パートナーとのより深いつながりを維持するのに役立ち、有害なポルノ コンテンツから焦点を移します。 人工的な刺激に頼るのではなく、精液保持はエネルギーを本物のつながりに導き、感情的および肉体的な活力を豊かにします。

続きを読む: 7日間射精しなかったらどうなりますか? 特典を確認する

研究は何を示していますか?

正直なところ、現時点では精液貯留に関する研究は限られています。 この慣行については依然として徹底的な調査が必要です。

しかし、だからといってすべての主張が誤りであるというわけではありません。 実際、既存の精液貯留に関する研究では、この習慣によって得られる可能性のあるいくつかの有望な証拠が指摘されています。

精液貯留に関する科学的研究は次のとおりです。

  • 2018年の研究では、たった1日だけ精液を保持する練習をすると精子の可動性が高まる可能性があることが明らかになりました。
  • 男性アスリートを対象とした 2000 年の研究によると、性行為は運動パフォーマンスに悪影響を及ぼさないことが判明しました。 ただし、競技の 2 時間前に性交を行うと悪影響が生じる可能性があります。
  • 2007年の研究では、過度または慢性的なマスターベーションは、テストステロンの使用に不可欠なアンドロゲン受容体の産生と放出の減少につながる可能性があることを示唆しています。
  • 2001年の別の研究では、3週間マスターベーションを控えた人々のテストステロンレベルが上昇していることがわかりました。
  • さらに、2003年の研究では、射精と血清テストステロンレベルの変動との相関関係が報告されており、テストステロンは禁欲7日目にピークに達しました。
  • 心理的側面を調査したある研究では、射精に関連した罪悪感を経験している男性は、アルコール摂取量の増加、勃起不全、抑うつ症状などの心理的苦痛の増大に直面する可能性があることが判明しました。

読む: 3日間射精しないと効果がありますか? 事実を確認する

精液貯留を行うにはどうすればよいですか?

ご存知のとおり、精液貯留とは、精液の放出を控えることです。 さて、どうやってこれを実践できるでしょうか? さて、次のような方法があります。

  • 禁欲: 精液貯留には、主に性行為やマスターベーションを控えることによって射精を控えることが含まれます。 ただし、個人的にはゆっくりと歩くことをお勧めします。 習慣を変えるには時間がかかります。 初日に非常に高い目標を設定すると、それを達成するのは非常に困難になります。
  • エッジングテクニック: エッジングは精液保持を練習するための一般的な方法です。 これには、オーガズムの瀬戸際まで自分を導き、射精の直前に刺激を一時停止または停止することが含まれます。
  • 逆行性射精:この方法は、オーガズム中に精液が陰茎から出るのではなく膀胱に戻される方法です。 通常、これは特定の薬剤によって引き起こされる病状ですが、精液を保持するために意図的に逆行性射精を誘発することもできます。 オーガズム中に会陰(陰嚢と肛門の間の領域)に圧力を加えることで、精液を膀胱に誘導し、体内に効果的に保持することができます。

精液貯留の段階

ここで、精液貯留のタイムラインがどのようなものかを理解しましょう。

精液貯留ステージ 1 (1 ~ 7 日目)

  • 最初のハードル: そうですね、正直に言って、一般的に最初の週が最も難しいです。 実際、この時期に80~90%もの人が挫折を経験します。 しかし、しっかりしてください、友よ。 再発は簡単ですが、困難にもかかわらず継続し続ければ、顕著な効果が現れることを覚えておいてください。
  • 早期のご褒美: 特に 7 日目に近づくにつれて、生活のさまざまな側面で改善が期待できます。睡眠サイクル、睡眠、体力、持久力、皮膚の健康の改善などの効果を感じ始めるかもしれません。

精液貯留ステージ 2 (8 ~ 14 日目)

  • 課題を乗り越えて進み続ける: 2 週目では独自の障害が発生し、多くの場合、進歩が停滞しているように見える「フラットライン」期間が伴います。 しかし、ちょっと待って、献身的に取り組み続けてください。 たとえそのメリットがすぐに目に見えなくても、そのメリットは水面下で明らかになります。
  • ポジティブな変化: 明るい面に焦点を当てます。 集中力、集中力、自己認識の向上に注意してください。 また、自尊心、自信、全体的なエネルギー レベルの向上に気づくかもしれません。
  • 気を紛らわせる: ステージ 2 に進んでも、再発したいという衝動を感じることがあります。 たぶん1セッションだけですか? 急遽? 結局のところ、ほんの少しの時間がどんな害をもたらすのでしょうか? まあ、それはあなたの旅全体を台無しにする可能性があります! 気を紛らわせて、運動したり、愛する人と時間を過ごしたり、新しいスキルを学んだりするなど、生産的な活動に取り組むのが最善です。

精液貯留ステージ 3 (15 ~ 30 日目)

  • 最後の段階: 最後の段階は厳しいかもしれませんが、最もやりがいのあるものです。 すべての課題を乗り越えてゴールラインに到達すると、精液保持のメリットを体験することができます。

最後に、もうご存知のとおり、精液貯留は確かに価値のある行為です。 そして、研究は限られていますが、私たちが知っていることは、いくつかの大きな利益を約束します。

ただし、精液保持は魔法のような変化をもたらすような超能力ではないことを覚えておいてください。 いいえ、そうではありません。 むしろ、ライフスタイルを変え、自分の体をコントロールし、その自然エネルギーを利用して人生を素晴らしいものにすることが重要です。

精液貯留に関するよくある質問

Q1. 精液貯留のリスクは何ですか?

まあ、精液貯留の想定されるリスクを示す証拠はありません。 ただし、青いボールのような一時的な状況が発生する場合がありますが、通常は自然に緩和されます。

Q2. 精液貯留はポルノ依存症を助けることができますか?

はい、精液貯留はポルノ依存症の優れた治療選択肢の 1 つとして機能します。

Q3. 7日間射精しないとどんなメリットがあるのでしょうか?

そうですね、7 日間射精しないことには、生殖能力の向上、性欲の増強、テストステロンのレベルの上昇など、いくつかの利点があります。 (詳細はこちら)

What’s your Reaction?
+1
0
+1
0
+1
0
+1
0

Lynda Mayer

Lynda Mayer, LPCC, an alumnus of the University of Minnesota with a master's degree in Clinical Psychology, is a seasoned licensed professional clinical counselor. With over a decade of experience in counseling, she specializes in adolescent mental health. Lynda actively shares her extensive knowledge and insights through writing, contributing significantly to the field of psychology and mental well-being. Her work not only demonstrates her expertise but also her commitment to improving adolescent mental health outcomes.