Ejaculation

3日間射精しないと特典ありますか? 事実を確認する


人間として、私たちは心、体、全体的な健康など、より良くなる方法を常に探しています。 そして、それに直面しましょう。 精液貯留の利点については誰もが聞いたことがあるでしょう。

最初は少し奇妙に聞こえるかもしれませんが、聞いてください。 たとえ数日でも射精を休むと、驚くべきメリットが得られることがあります。

さて、私はここでインターネットの新しいトレンドについて話しているのではありません。 このアイデアは、最新のトレンドやバイラルビデオが登場するずっと前から、古くから存在していました。 そして今日、それは科学のレンズを通して研究されています。

それでは、3日間射精しないことの利点と科学の見解を調べて理解しましょう!


3日間射精しないことの利点

ここで、3 日間射精しない場合のメリットを簡単に見てみましょう。

3日間射精しないと効果がある


1. エネルギーブースターとして機能します

ご存知のとおり、エネルギーは私たちの生活の重要な部分です。 それは私たちが一日を通して活動的で注意力を維持するのに役立ちます。

しかし、ここで精液貯留はどのように役立つのでしょうか?

そうですね、射精を控えることと元気が出るということの間には驚くべき関連性があることが分かりました。 精子にはB12と呼ばれるビタミンが含まれており、私たちの体が食物を適切に機能するために必要なエネルギーに変えるのを助けます。 それは私たちの細胞にとっての燃料のようなものです。 さらに、ビタミンB12は、脱力感や疲労感を引き起こす一種の貧血の予防にも役立ちます。

ここでの精子または精液の保持は、エネルギーと活動性を維持するのに役立つと考えられています。

第二に、より高いテストステロンレベルは、エネルギーの増加に関連しています。 そして、いくつかの研究では、精子を保持すると、テストステロンレベルがわずか 1 週間でなんと 45% 増加する可能性があることさえ示唆しています。

したがって、3 日間射精しない特典を利用すると、元気が湧いてきて、その日何が起こってもすぐにでも取り組む準備ができていると信じられるのも不思議ではありません。


2. 自制心の向上に役立ちます

自制心

ポルノやセックス中毒者と仕事をしていると、射精を控えることで自制心が良くなったと主張する患者がたくさんいました。

まあ、これは確かに役立つかもしれません。

射精を我慢し始めると、自制心の向上に気づくでしょう。 それは自分の中に新たな力が芽生えたような気分になるでしょう。 あらゆる衝動に屈するのではなく、それらをより適切に管理する方法を学びます。 そして、この自制心が改善されると、人生の他のことに集中しやすくなります。

仕事であれ、趣味であれ、人間関係であれ、あなたはより地に足が着いて責任を持っていると感じるでしょう。 そして、友よ、信じてください。あらゆる衝動に翻弄されているわけではないと知ると、力が湧いてきます。


3. 身体的健康の改善に役立ちます。

次に、射精を控えることは、私たちの身体の健康に驚くべき利点をもたらす可能性があります。

射精を我慢すると、テストステロンのレベルが上昇します。 このホルモンはあなたの体にとってスーパーヒーローのようなもので、髪を太くしたり、より強い筋肉を構築したり、一日に取り組むためのより多くのエネルギーを与えたりするのに役立ちます。

それだけでなく、精子の質も改善することができ、生殖能力の向上にとって素晴らしいニュースです。

したがって、身体の健康を改善し、全体的に気分を良くしたい場合は、射精を休憩することを検討する価値があるかもしれません。


4. ポルノ禁止への取り組みを支援する

ポルノ旅行はありません

最後に、3 日間射精しない特典は、ポルノ禁止の旅を続けるのに役立ちます。 ポルノ中毒の束縛から抜け出そうとしているとき、どんな小さな一歩でも助けになることが起こります。 これにより、射精を我慢する精液貯留が大きな違いを生む可能性があります。

ポルノ中毒は、強迫的なマスターベーションと密接に関係していることがよくあります。 したがって、3日間射精しないことを約束すると、そのサイクルが壊れます。 ポルノへの依存や自慰行為への衝動から解放されます。 これは、ある程度のコントロールを取り戻すのに役立ちます。

それは、人工的な刺激の絶え間ない洪水から脳に休憩を与えるようなものです。 さらに、実生活のパートナーとのベッドでのパフォーマンスも向上し、親密な時間をより満足のいく有意義なものにすることができます。

したがって、ポルノ中毒をやめようとしているなら、精液貯留を試してみることを検討してください。それはあなたに必要な後押しになるかもしれません


3日間射精しない場合のその他の一般的な利点

自己治療

3 日間射精しないその他の一般的な可能性としては、次のようなものがあります。

  • テストステロンレベルが高い
  • モチベーションの向上
  • エネルギーレベルの向上
  • より高い自尊心
  • より良い集中力と集中力
  • 記憶力の向上
  • 筋肉量の増加
  • 身体の活性化
  • 性欲の改善


科学と精液貯留

正直に言うと、精液貯留はまだ研究中の行為です。 専門家は、より信頼性の高いものを提供するために、この慣行とその利点についてさらに調査し、理解することに取り組んでいます。

しかし、存在する精液保持に関する研究では、上記のようにその利点の一部が指摘されていますが、さらなる研究が必要です。

以下もチェックしてください:

14日間射精しなかったらどうなるか 7日間射精しなかったらどうなるか

それまでは、科学と精液貯留の間のよく知られた関連性をいくつか紹介します。

  • 精子の移動性の向上:研究によると、たった1日射精をしないだけで精子の移動性が向上することがわかっています。 これは、射精を少し休むと精子の働きが良くなる可能性があり、生殖能力にとって朗報となる可能性があることを意味します。
  • テストステロンの増加: 別の研究によると、1週間射精しないとテストステロンのレベルが上昇する可能性があることが判明しました。 これは、精液を保持することがホルモンのバランスを保つのに役立ち、それが強くて健康な気分に良い可能性があることを示唆しています。
  • スポーツのパフォーマンス: 驚くべきことに、男性アスリートにとって、射精しないことは害にはならないようです。 実際、大事な試合の前にセックスを避けることで、パフォーマンスが向上する可能性さえあります。 しかし、直前に忙しくなると結果が台無しになる可能性があります。


3 日間射精しない場合のメリット – FAQ

Q1. 精液貯留は生殖能力の向上に役立ちますか?

答え。 はい、一部の専門家によると、妊娠を試みる前に短期間精液を貯留すると、精子数が増加し、精子の質が向上する可能性があります。

Q2. 30日間射精しないとどんなメリットがあるのでしょうか?

答え。 そうですね、30日間射精しないことには、精神的、性的、肉体的な利点を含む多くの利点があります。

Q3. 3日間射精しないと副作用はありますか?

答え。 3日間射精しなくても極端な副作用はありません。 ただし、青いボールとしても知られる精巣上体高血圧症のような一時的な不快感を引き起こす可能性があります。

Q4. 精液貯留は Nofap に役立ちますか?

答え。 はい、精液貯留は Nofap に役立ちます。 NoFap はポルノとマスターベーションを完全に控えることに重点を置いているため、射精を控える習慣がここでの助けとなることが証明されています。

What’s your Reaction?
+1
0
+1
0
+1
0
+1
0

Lynda Mayer

Lynda Mayer, LPCC, an alumnus of the University of Minnesota with a master's degree in Clinical Psychology, is a seasoned licensed professional clinical counselor. With over a decade of experience in counseling, she specializes in adolescent mental health. Lynda actively shares her extensive knowledge and insights through writing, contributing significantly to the field of psychology and mental well-being. Her work not only demonstrates her expertise but also her commitment to improving adolescent mental health outcomes.