Not Ejaculating for 14 Days Benefits

14日間射精しない場合の特典、今すぐチェック

目次 14日間射精しないことの利点 14日間射精しないことの7つの利点 1. オーガズムの改善 2. 早漏の改善に役立ちます 3. より良いエネルギー 4. 精神的な明晰さの向上 5. 身体的利点 6. テストステロンレベルを改善する 7. 生殖能力を高める可能性があります。 14 日間射精しない場合の利点 – FAQ Q1. 精液保持力はNoFapと同じですか? Q2. 精液貯留にはリスクや副作用はありますか? Q3. 精液貯留はポルノ中毒に役立つのでしょうか? Q4. 精子を長時間保持するのは良いことですか?

「シードを保持する」ということを聞いたことがありますか?

きっとそう思うはずです。 結局のところ、精液貯留は近年ソーシャルメディアプラットフォームで人気のトレンドとなっているのです。

そこで今日は、射精を避ける習慣である精液貯留について話しましょう。 それは何世紀にもわたって好奇心のトピックであり、エネルギーや精神的な明晰さなどを高めると主張する人もいます。 しかし、科学は何を言っているのでしょうか? 14日間射精しないと特典はありますか?

確認してみましょう。 このブログでは、誤った情報を徹底的に調査し、2 週間延期することで得られる潜在的な利点について科学が何を教えてくれるのか (そして教えられないのか) を探っていきます。

14日間射精しないことの利点

14日間射精しなかった場合のメリット。

14日間射精しない場合のメリットを説明する前に、精液貯留とは何かを簡単に理解しましょう。

精液貯留は基本的に、男性が意図的に射精しないと決めた場合に起こります。 つまり、射精を避ける習慣を身につけるのです。

これには、性行為を完全に避ける、絶頂点に達する直前に止める、精液を出さずにオーガズムを得る方法を学ぶなど、さまざまな方法があります。

さて、なぜ誰かがこんなことをするのでしょうか?

理由はいくつかあります。 精液貯留には多くの利点があります。

たとえば、私はポルノ中毒者にとって素晴らしい回復オプションとしてそれをよく勧めます。 これは、ポルノ誘発性勃起不全(PIED)などの問題を解決したり、ポルノの習慣をやめて実生活の関係を深めたりするのに役立ちます。

しかし、それだけではありません。

14日間射精しないことの7つの利点

精液貯留は体と心のリセットボタンを押すようなものです。 14 日間射精しない場合には、次のようないくつかの特典があります。

1. オーガズムの向上

性欲の改善

さて、これは精液貯留の最も一般的な利点の 1 つです。 しばらく精液を我慢すると、オーガズムの感覚がさらに激しくなることがあります。

まるで感覚が最大限に研ぎ澄まされ、触れるたびに感動を覚えます。

そして、これはどのように役立つのでしょうか?

そうですね、より良いリリースを提供することは別として、オンラインでアダルト コンテンツをたくさん視聴している場合、これは特に重要です。 ほら、これらの衝動に負けるのをやめると、あなたの体は本当の親密さを求め始めます。

したがって、最終的に本当のパートナーと親密になったとき、その喜びは桁外れです。 体が「そうだ、これこそ私が待っていたものだ!」と言っているかのようです。 ですから、少し我慢することで、親密な瞬間がさらに本物で、驚くべきものになるのです。

2. 早漏の改善に役立ちます

研究によると、特に若い男性の間で、早漏(PE)に対する懸念が高まっています。

しかし、ここに明るい面があります。射精を我慢することで、実際にこの問題を解決できるのです。 エッジングと呼ばれる技術があり、PE に対する秘密兵器のようなものです。

何が起こるかというと、エッジング中にクライマックスに近づく「エッジ」に近づいたとき、立ち止まったり絞ったりすると、フィニッシュしたいという衝動が消え去ります。 まるで遊覧列車で一時停止するようなものです。 これらのトリックは、楽しみと満足感を本当に拡張し、射精をよりコントロールできるようにします。 したがって、PE に苦労している場合は、エッジングに挑戦してください。 あなたはその結果に驚くかもしれません。

3. より良いエネルギー

14 日間射精しなかった場合のメリットは、エネルギー レベルの大幅な増加につながる可能性があります。 精液が体内に残ると、生命エネルギーと栄養素が保持され、全体的な健康に貢献します。

この概念は、精子内の生命力を体のさまざまな部分に栄養を与えるために利用できることを示唆する、道教やアーユルヴェーダなどの古代の習慣に基づいています。

したがって、射精を控えることによって、体がこの貴重なエネルギーをさまざまな方法で利用できるようになります。 体はこれらの必須物質を再吸収し、それらを臓器、組織、システムに送り、その結果、活力と活力の高まりをもたらすと考えられています。 この活性化は身体的、精神的、感情的なレベルで起こり、全体的な幸福感が向上します。

4. 精神的な明晰さの向上

しばらく射精しないことのもう 1 つの一般的な利点は、頭がクリアになる可能性があることです。

それは多くの人が話すことではありませんが、それは本当です。

精液の放出を我慢すると、代わりに体がそのエネルギーを保持し続けることがわかります。 雨の日のために貯金するようなものです。 この蓄えられたエネルギーは、集中力と注意力に驚くべき効果をもたらします。

このように考えてみてください。通常、性行為に参加すると、気分を良くするあらゆる種類の化学物質が脳に溢れます。 しかし、その後は少し頭がぼんやりした気分になるかもしれません。

しかし、精液を保持する練習をして体内のエネルギーを回復すると、脳が活性化されます。 まるでエスプレッソを追加で飲んでも、不安はありません。 したがって、次回、少しぼんやりしていると感じたら、少しの間我慢することを検討してみてください。 あまりの鋭敏な感覚に驚かれるかもしれません。

5. 身体的利点

身体的な利点

1週間射精しないことで強くなるというのは驚くかもしれませんが、あまり知られていないメリットなので検討する価値はあります。

精子を保持すると、筋肉の成長と修復に不可欠なタンパク質、ビタミン、ミネラルなどの必須栄養素が体に保持されることが起こります。 これらの栄養素は通常、射精によって放出されますが、禁欲することで筋肉のために蓄えられます。 伝統的な中国医学では、この保存は生命エネルギーまたは「精」の保存と関連付けられており、身体の活力に直接貢献します。

したがって、スポーツ、フィットネス、または単にアクティブに活動しているかどうかに関係なく、強くなることで持久力、パワー、および全体的な運動能力を向上させることができます。

さらに、筋肉が強化されると、体型が改善され、安定性が向上し、日常生活での怪我のリスクが軽減されます。

しかし、それだけではありません。

実際、それは短期的な利益だけではありません。 より強い骨やより健全な代謝などの長期的な健康上の利点により、精液保持は健康的なライフスタイルへの貴重な追加物となります。 最適な結果を得るには、バランスの取れた食事、定期的な運動習慣、適切な休息と精液保持を維持することが不可欠であることを忘れないでください。

6. テストステロンレベルを改善する

研究によると、射精を我慢するとテストステロンレベルが上昇する可能性があります。

体にとってもちょっとしたパワーアップのようなものです!

精液を放出すると、テストステロンのレベルが少し下がります。 しかし、それをしばらく(1週間以上)保持すると、何か興味深いことが起こります。

実際、2001年の研究によると、少なくとも3週間精液貯留を実践した男性はテストステロンの増加を経験したことが判明しました。

しかも、ただ精液を我慢するだけではありません。 精液には、体がテストステロンを生成するために必要な亜鉛やビタミンB12などの栄養素が豊富に含まれています。 したがって、それを摂取し続けることで、これらの必須栄養素を体に蓄える機会を与え、長期的にはより多くのテストステロンを生成するのに役立ちます。

7. 生殖能力を高める可能性があります。

精液貯留と生殖能力に対するその潜在的な影響に関しては、考慮すべき興味深いアイデアがいくつかあります。

精液貯留を実践した人の中には、生殖能力の向上という予期せぬ利点を発見したと主張する人もいます。 実際、私はこの主張を肯定する患者を何人も受けてきました。

まあ、これのほとんどは逸話的な経験であり、これに関する公式の研究はあまりありませんが、2005 年に遡る研究では、たった 1 日射精しないだけで違いが生じる可能性があることが示唆されています。

しかし、ここに落とし穴があります。これに続いて、その後の研究で、精子を長期間保持することは実際には推奨されないことが示されました。 したがって、節度が重要であるようです。

以下もチェックしてください:

3日間射精しなかったらどうなるか

14 日間射精しない場合の利点 – FAQ

Q1. 精液保持力はNoFapと同じですか?

答え。 いいえ、ちがいます。 精液貯留とは、方法に関係なく、基本的には射精を控えることです。 一方、NoFap は、ポルノ中毒と強迫的な性的行動を取り除くことに重点を置いています。 さて、NoFap には (主にポルノを通じて) 射精を避けることが含まれるかもしれませんが、それだけが焦点ではありません。

Q2. 精液貯留にはリスクや副作用はありますか?

答え。 研究は限られていますが、精液貯留に関連する重大な健康リスクはありません。 ただし、再吸収された精液は体に吸収されるため、特に初めての場合は、一時的に不快感を感じる場合があります。 これは、「青い玉」とも呼ばれる、睾丸の鈍い痛みのように感じることがあります。 通常、これは深刻なものではなく、自然に消えます。

Q3. 精液貯留はポルノ中毒に役立つのでしょうか?

答え。 精液貯留、特にポルノによる射精を遮断することは、ますます激しいコンテンツを求めるサイクルを断ち切るのに間違いなく役立ちます。 それは一種の快楽を経験する別の方法を見つけることを強制するものであり、それはポルノ依存症を克服するための前向きな一歩になる可能性があります。
ただし、射精だけに焦点を当てても、ポルノ使用の根本的な理由には対処できない可能性があります。 ポルノ依存症に対処するには完全な計画が必要です。

Q4. 精子を長時間保持するのは良いことですか?

答え。 まあ、精子を保持することは一般的に有害な行為ではありません。 実際、いくつかの研究では、性行為を控えるとテストステロンレベルが上昇する可能性があることが示されています。

What’s your Reaction?
+1
0
+1
0
+1
0
+1
0

Lynda Mayer

Lynda Mayer, LPCC, an alumnus of the University of Minnesota with a master's degree in Clinical Psychology, is a seasoned licensed professional clinical counselor. With over a decade of experience in counseling, she specializes in adolescent mental health. Lynda actively shares her extensive knowledge and insights through writing, contributing significantly to the field of psychology and mental well-being. Her work not only demonstrates her expertise but also her commitment to improving adolescent mental health outcomes.