ポルノがあなたを社会不安の下方スパイラルに導く4つの方法

スマイリー

社会不安

インターネットはポルノを簡単に利用できるようにしました。 ワンクリックで見つけるのは簡単ですが、回避するのもほぼ同じくらい困難です。

毎日、ポルノがコミュニティ全体に及ぼす悪影響を示す研究がますます増えています。 具体的には、10 代の若者とカップルの 2 つのグループです。

これまでにこのトピックに関して実施されたほぼすべての研究は、同じことを浮き彫りにしています。

事実は、現在、子供たちがインターネット上のポルノにアクセスしているということです。 年齢層はどんどん減っていきます。

ポルノの過度の消費が精神的健康に与える悪影響を考えると、これは憂慮すべき情報です。 私たちは社会として、ポルノの影響を真剣に考える必要があります。

それが私たちの生活、家族、メンタルヘルスに果たす役割について考えてみましょう。

オンライン ポルノへの中毒は、うつ病と最も一般的に関連しています 、怒り、そして不安。 自分の中毒性を自覚すると、コントロールできないという感覚が大きな精神的苦痛を引き起こします。

それは人を極度の社交的なバタフライから、すべての社交的な集まり/イベントを避けるようにすることができます.

これは社会不安の結果です。 簡単に言えば、社交不安症とは、他の人がいると居心地が悪いということです。 それを経験した人は、会話に追加するものがあまりないと感じることがあります。

会話の流れを作る方法を本当に知らないように感じさせます。

出力オンラインpngツール

ポルノコンテンツを定期的に消費している人は、次の理由で社会不安の極端なケースを発症する可能性があります

不快感

社会として、私たちはポルノグラフィーの話題について話すことを非常に恥ずかしく思います.

私たちはそれを非常に多くの汚名とタブーに取り囲んでいます。 多くの場合、誰かがこの特定の中毒に対処しているとき、彼らは率直に話すことをためらいます.

ほとんどの男性は、このトピックについて話すのが苦手です。 彼らが望んでいる最後のことは、会話に登場するためにポルノを使用することです.

彼らはそれについて恥じ、罪悪感を覚えます。 家父長制社会は、女性にとってそれをさらに困難かつ複雑にします。 このため、ポルノと社交不安の関係は恥の悪循環になります。

孤独

ポルノの使用の増加は、孤独と孤独を引き起こし、ポルノの使用の増加につながります.

研究は、ポルノの使用を孤独と大きく関連付けており、両方の要素間の明確な双方向の関係を示しています. 孤独感が増すと、人は社会的状況に不快感を覚える可能性があります。

この結果、彼らはあらゆる形態の社会的相互作用から離れ、孤独を増してしまいます。

切断

ポルノへの執着は、人間関係に大きな悪影響を及ぼします。

人間として、私たちは本質的に社会的存在です。 つまり、私たちは周囲の人々と関係を築き、つながりを築くように配線されています。 生き残り、安定したメンタルヘルスを維持するためには、社会的相互作用と共同体意識が必要です。

ポルノはこれを取り除き、本物とは違う偽りの親密さで私たちの心を満たしてくれます。

ポルノに夢中になる人が増えるほど、実生活でつながりを築く機会を逃し始めます。

ますます多くの人がポルノや性的依存症に傾倒するにつれて、本当のセックスへの欲求を完全に失い始めることがよくあります. セックスは、スクリーンで見るポルノほど刺激的ではなくなります。

そのような場合、視聴者はいつの間にか深刻な性的問題に取り組んでいます。

感情的に、ポルノの消費者は愛する人から引きこもり、人生の関係を気にしなくなります。 彼らの中毒とそれを取り巻く恥は、彼らを友人や家族から引き離します.

これにより、彼らは恋に落ち、愛する人との関係を断ち切ることができます。

うつ病。

ポルノグラフィーまたは類似の依存症を持つ人々は、依存症を感情からの一時的な逃避として利用することがよくあります。

特に、怒り、悲しみ、孤独、さらには退屈などのネガティブな感情。

この習慣は、うつ病の深刻なケースに簡単につながる可能性があります。

個人がうつ病の穴に落ちると、彼らはすぐに社会から引き離されます。 彼らは自分自身を追い詰める傾向があり、順番に不安障害の長いリストを脳に送り込みます.

生々しい性的コンテンツで心と体を麻痺させると、本当の関係を築く機会を逃してしまいます。

家族、パートナー、友人、周囲のコミュニティを手放します。

ポルノが子供の人生にどのように影響するかを考えている親であろうと、自分自身またはパートナーのポルノの使用を考慮する必要がある大人であろうと。

それが社会として私たちに影響を与えている問題であることを受け入れる時が来ました. ポルノや性依存症と闘っている場合は、希望があることを思い出してください。

親しい友人、支援グループ、または相談できるセラピストを見つけましょう。

まず自分に問題があることを認めることで、治癒を進めることができます。 強迫観念のために人生を逃す必要はありません。

What’s your Reaction?
+1
0
+1
0
+1
0
+1
0

Bhanu Shree

Bhanu Shree is a seasoned psychologist with over five years of specialized experience in child and adolescent psychology, particularly in addressing learning difficulties and ADHD. A respected mentor in mental health, she offers transformative guidance to adolescents facing various psychological challenges. Beyond her clinical expertise, Shree is an acclaimed author, contributing insightful perspectives on addiction and youth mental health issues. Her work is widely recognized for treatment in the mental health field.