マスターベーションはエネルギー損失、白髪、妊娠、テストステロン損失、エイズの原因となるのでしょうか? 神話と事実を確認する


興味、好奇心、混乱を引き起こすことが多いトピック、マスターベーションについて話し合いましょう。

簡単に言えば、マスターベーションとは性的快感を得るために性器を刺激する行為です。 それは私たちの生活のほとんどで定期的に行われています。実際、ある調査によると、男性と女性の 80% 以上が自慰行為を受け入れています。

しかし、人々は依然としてこの話題について議論することを避けています。

なるほど、それがなぜこれほど多くの神話を惹きつけるのかを説明しています。 さらに、マスターベーションに関しては、実際の事実よりも神話の方が私たちの生活のあちこちに広まっています。 エネルギー損失や早期老化の主張から、生殖能力に関する懸念、さらにはエイズ感染のリスクに至るまで、マスターベーションについては多くの迷信や誤解が存在します。

そこで今日、私は少しの変化に貢献するためにここに来ました。

このブログでは、フィクションから真実を濾過しながら、マスターベーションにまつわるさまざまな通説を探求し、理解していきます。


マスターベーションは胃痛の原因になりますか?

マスターベーションは胃の痛みを引き起こします

簡単に言うと、マスターベーションは特定の理由でけいれんや不快感を引き起こす可能性があります。 ほとんどの場合、心配する必要はありませんが、治療が必要な場合もあります。

さらに、セルフプレジャーセッションの後に胃に不快感を感じた場合は、考慮すべきことがいくつかあります。

  • まず、オーガズムによる筋肉のけいれんが原因の 1 つである可能性があります。 実際、オーガズム中に起こる激しい筋肉の収縮により、下腹部に一時的なけいれんや不快感が生じる可能性があります。 それは、良いトレーニングをした後に筋肉が痛むのと同じです。これは、体がテストを受けていることを伝える方法です。
  • 次に、十分な潤滑剤を使用していない場合、摩擦によって性器やその周囲が刺激され、胃痛と間違えられるような鈍い痛みや灼熱感が生じる可能性があります。
  • 最後に、マスターベーション後に継続的または重度の腹痛を経験している場合、それはヘルニア、前立腺炎(男性の場合)、骨盤炎症性疾患(女性の場合)などの基礎疾患の兆候である可能性があります。 このような場合は、適切な診断と治療のために医療専門家に相談することが重要です。

自分の体の声に耳を傾け、異常な症状に注意を払うことが重要であることを忘れないでください。 継続的な痛みに直面している場合は、すぐに医師の診察を受けることが最善です。


マスターベーションはエネルギーの損失を引き起こしますか?

これに答える前に、マスターベーションが体にどのように作用するかを見てみましょう。

さて、マスターベーションに耽ると何が起こるかというと、あなたの体はホルモンに一時的な変化を起こします。

ホルモン様のプロラクチンレベルが上昇する一方、ドーパミンレベルは低下します。 これにより、性的衝動が一時的に抑制され、心拍数が上昇します。 たとえわずかであっても、ある程度のカロリー消費はあります。 したがって、その後身体的に疲れを感じ、よく眠りたいと思うのは普通のことです。 ただし、この疲労感は長く続かず、通常は数時間しか続きません。

しかし、強迫的なマスターベーションの習慣がある場合、それが問題になる可能性があります。

強迫的なマスターベーションは身体的な副作用を引き起こす可能性があります。 疲れ果ててしまうこともあるかもしれません。 それに加えて、遅漏や性交時の勃起の問題を引き起こし、性生活に影響を与える可能性もあります。


マスターベーションはエイズを引き起こす?

いいえ、そうではありません。 エイズを引き起こすウイルスである HIV は、血液、精液、膣液、母乳などの感染した体液との接触を通じて広がります。

しかし、一人オナニーや相互オナニーに関しては、そのリスクは信じられないほど低いです。 これは次のように理解できます。ウイルスが血流に侵入するには直接の経路が必要です。 さて、マスターベーションの場合、これは起こりません。

ただし、何らかの大人のおもちゃを使用する場合は、使用の前後に常に適切な衛生状態を維持することが最善であることを付け加えておきたいと思います。

それに加えて、マスターベーションやエイズの心配をする必要はありません。

実際、医学がそれほど進歩していない時代(HIV が初めて出現した 1980 年代)であっても、実質的にリスクがないため、一人または相互マスターベーションはセーフセックスの選択肢として好まれていました。

つまり、 マスターベーションによるHIV感染を心配する必要はありません。


オナニーが白髪の原因?

いいえ、オナニーが白髪の原因になるわけではありません。 これは単なる一般的な誤解です。 健康的なマスターベーションは自然な生理学的プロセスです。

しかし、白髪の根本的な理由として考えられる他の要因もあります。 次のことが原因である可能性があります。

  • 自然な老化
  • 遺伝学
  • ストレス
  • 特定の病状
  • ビタミン、タンパク質、カルシウムの欠乏などの栄養欠乏
  • 睡眠サイクルの乱れ。

髪が早く白くなってしまうのが気になる場合は、医師や皮膚科医に相談することをお勧めします。 彼らは原因を特定し、ニーズに応じて治療オプションを推奨するのに役立ちます。


マスターベーションは妊娠の原因になるのか?

何事についてもオープンな議論ができないと、疑念が生まれます。 そしてまさにそれがここで起こっているのです。 ほとんどの人はマスターベーションについて話したり質問したりするのが恥ずかしいです。 彼らは何でも信じる傾向があります。

ただし、心配する必要はありません。 ここでお手伝いさせてください。 率直な答えは絶対に「ノー」です。マスターベーションは妊娠につながりません。

何が起こるかというと、説得には男性と女性の配偶子、つまり精子と卵子(卵子)の融合が必要であるということです。 そして、これは明らかにマスターベーション中には起こりません。 精子と卵子の交配はありません。

したがって、排卵中で精子が卵子と出会っていない限り、マスターベーションだけで妊娠する可能性はありません。

確かに、病気や不妊の原因など、マスターベーションについてあらゆる種類のことを主張する突飛な話がたくさんありますが、それらは単なる神話です。

したがって、マスターベーションが原因で妊娠するのではないかと心配している場合は、リラックスしてください。それは仕組みではありません。


マスターベーションはテストステロンの損失を引き起こしますか?

ご存知かもしれませんが、テストステロンは性的発達と機能を担う男性ホルモンです。 筋肉の成長、骨密度、性欲に重要な役割を果たします。

現在では、マスターベーションがテストステロンの損失を引き起こすというのが一般的な考えとなっています。

しかし、研究結果は何と言っているのでしょうか?

そうですね、簡単に言えば答えはノーです。 この信念を裏付ける科学的証拠はありません。

実際、ジャーナル・オブ・セクシャル・メディシンに掲載されたある研究によると、マスターベーションとテストステロンレベルの間に関連性は見出されなかった。 300人以上の健康な男性を対象に実施されたこの調査では、マスターベーションをする人としない人の間でテストステロンレベルに差は見られませんでした。 実際、テストステロンのレベルは、年齢、食事、全体的な健康状態などのさまざまな要因の影響を受け、1 日を通して変動する傾向があります。

この証拠をさらに裏付けるものとして、性的行動アーカイブに掲載された別の研究では、研究者らが1,000人以上の男性のデータを分析し、マスターベーションの頻度がテストステロンレベルに影響を及ぼさないことを発見しました。

それで、これはあなたにとって何を意味しますか?

つまり、マスターベーションによってテストステロン値が低下することを心配する必要はないということです。 あなたが全体的に健康で、過剰なマスターベーションを避けたり、安全な性行為を行うなどの健康的な習慣に従っている限り、悪影響から身を守ることができます。 ホルモンレベルに悪影響を与える可能性は低いです。

ただし、常に自分の体の声に耳を傾けるべきであることを強調したいと思います。 私たちは皆違うということを忘れないでください。 ある人にとってうまくいくことが、別の人にとってはうまくいかない可能性があります。 したがって、テストステロンのレベルが心配な場合、または疲労や性欲の低下などの症状がある場合は、常に医療専門家に相談することをお勧めします。

Enhance your digital well-being with the help of free porn blocker for browsers, Android apps, and iOS apps.


よくある質問

Q1. 精子の蓄積は男性の腹痛を引き起こす可能性がありますか?

答え。 はい、そうかもしれません! 性行為が長期間行われないと、精子が蓄積する可能性があります。 これにより、不快感や痛みが生じる可能性があります。

Q2. 5日間射精しないとどんなメリットがあるのでしょうか?

答え。 精液貯留には、次のようないくつかの利点があると考えられます。
1. 不安が軽減されました。
2. 睡眠サイクルの改善。
3. 勃起不全の軽減。
4. 自尊心の向上。
5. 性的エネルギーの増加など

Q3. 女性のオナニーはホルモンに影響を与えるのでしょうか?

答え。 いいえ、マスターベーションによってホルモンレベルに大きな変化が生じることはありません。 さらに、いくつかの研究では、ホルモン調節に潜在的な利点をもたらす可能性があることが示されています。

Q4. オナニーは脱毛の原因になるのか?

答え。 いいえ、そうではありません。 実際、この考えを裏付ける科学的証拠はありません。

What’s your Reaction?
+1
0
+1
0
+1
0
+1
0

Morgan Schmidt

Morgan Schmidt, LPC, a Yale University graduate with a Bachelor of Science in Psychology, specializes in addiction treatment and is a licensed professional counselor. His practice as a therapist is informed by both his academic background and hands-on experience in the field. In addition to his therapeutic work, Morgan is also an active writer, sharing his knowledge on psychological and addiction topics, thereby reaching and educating a broader audience.